標準報酬月額

今の時期だけやたら忙しいので、今までさして気にしたことのなかった標準報酬月額が気になってきました。
そんなわけでExcelをちまちまいじりつつ、最近の勤務時間や4月の給与などから、5月度でどの程度残業をして良いものかを見積もりました。


結果としては、1ランク標準報酬月額をおとせばこの1年間で数万円保険料が下がります。
自分の残業時間のどのくらいに相当するかと、何時間押さえればこの保険料に抑えられるかを計算したら、残業時間を押さえて保険料を下げた方がかなりお得になりました。
自由な時間も増えるであろうことを考えると、今の自分の状況では残業を抑えたほうが良さそうです。


そもそも抑えられる残業時間の境目にいるかどうかは問題ですが、毎年やって抑えられるとトータルでは結構な額になりそうなので、計算してみることをお勧めします。


ビジネスカテゴリに書こうと思ったものの、このブログの全体の内容を考えるといつも通りのカテゴリに落ち着くのでした。

スポンサーサイト

テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

臭いと病院

臭いに関して病院行くときはどこに行けばいいのかが悩ましい。
臭いの種類とか場所によって変わるだろうけども、自分の場合は皮膚科だろうか。
ただ、近場の皮膚科は行ったものの、やる気のない初老医師だったのでそれっきり。
しかも病院はせいぜい土曜の午前しか開いていないことが多いので、できれば午後に行きたい自分としては残念。
どこかで有給使って病院行きたいけども、夏過ぎまでは忙しそうなので、それも厳しそう。
社内の相談室でそんな話をしても解決には結びつくことは考えにくい。
健康診断で少し話を出してみようか。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

文面

たまに覗くブログにお上品な文面を書く人がいる。
文量は少なくて小さくまとまっている感がある。
ああいう文章から品の出る形は羨ましいというか、憧れる。

そんなことを思う今日この頃。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

花粉症の薬

来年のためのメモがてらの記事です。


この時期は花粉症の薬を飲みますが、今まではずっとアレグラを飲んでいました。
あとは特に安い鼻炎薬もたまに。
ただ、安い鼻炎薬は非常に口や目が渇く副作用(まぁ鼻水止めるので、その他の体液分泌が抑えられてしまうのもしょうがない気もしますが・・・)があり、基本的には買わないようにしています。
アレグラに関してはのどの渇きもさほどなく、眠気も特に感じなかったのでずっと使っていました。

ただ、問題が1つあり、私の症状には効果が物足りないということです。
もともとCMでよくやっていたので買い、副作用が少なく、症状の出始めの時期なら十分抑えられていたのでそのまま何年か使用していました。
ただ、今年の今の時期そろそろ効果不足です。
なので新しいのを試してみました。


買ったのは「ストナリニZ」と「アレジオン」、それにスプレータイプの鼻炎薬「ナザールαAR0.1%」。
ストナリニZ+ナザールの時は本当によく抑えられていて、鼻水がダラダラ垂れるのはゼロで、くしゃみも花粉症の時期以外の時と同数くらい。
目の渇きはあるものの、元々ドライアイなのでそれはやむを得ないかもしれません。
今はいい感じで抑えられていました。

ストナリニZが切れたので、今はアレジオン+ナザールですが、少し花粉症感が強くなった気がします。
ただし、花粉の飛散量も増えてきていると思うので、ストナリニZ>アレジオンとは言えない気もします。
もう少し、様子を見ようと思います。

ナザールのほうはステロイドが入っており、1日の使用回数上限や連続使用期間が1年のうちで3カ月など、あまり使いすぎるのは良くないものなので注意。
ただ使わない日もあったり使ってもせいぜい2回/日程度なので、なくても大丈夫なのではないかと思っているため、来年はしばらくスプレータイプは使わないで飲み薬だけで試したいと思います。


テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

花粉の季節

花粉も本格的になってきました。

もう何年も花粉症なのですが、毎年この季節は滅入ります。
特に暖かくなって運動しようかな、と思っても花粉のせいで外に出るのは億劫になったりするのがもったいないところ。
夜は鼻づまりなどで眠れないこともあったり、薬を飲んでも鼻水が止まらなかったり、目がかゆくて集中できなかったり。
薬代もそれなりにかかるので、ホント花粉症なんてなるもんじゃないです。

せめて花粉が出ている間は臭いが減ればいいのですが、そんな都合の良い話はありません。
最近は色々な治療法(症状緩和法)が出てきたりしているので、来年あたりは試してみようかと思っている今日この頃でした。


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR