季節の変わり目

過ぎ去る年月、去り行く人。
立場も変わり、落ちる人もいれば上がる人もいる。
ただ変わらないこの体質。
私の春はいつ来るだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

Maroon5 - Sunday Morning

Maroon5というアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス出身バンドのSundayMorningという曲を紹介。
2005年リリースの落ち着いた非常に良い曲です。
どこで聞いたのかは全然覚えていないのですが、たまにTVから流れてきていた気がします。
これを読んでいる方の中にも聞き覚えるある人はいるはずだと思います。


ちなみに、動画の公式PVはカラオケを舞台で始まり、日本人ぽいおっちゃんや歌のうまくない女性が歌うところから始まるので、出だしでがっかりしないでください。
なお、日本のおっちゃんや日本人ぽい女性が動画の中で出てくるのは、カラオケが日本発祥だからだと勝手に思ってます。






テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

tag : 動画 洋楽

Nauty Boy feat. Sam Smith - La La La

2013年にNauty Boyというイギリスの歌手とSam Smithというこれまたイギリスの歌手が歌う「La La La」という曲です。
ラジオから数回流れてきたものの、なかなか曲名を見逃したりしていて特定できませんでしたが漸くメモりました。
全体的に好きなんですが、特にラララの曲調が凄く耳に残る曲です。



この曲はボリビアのポトシという地域にある昔話がベースになっているとのことです。
オズの魔法使いではありません。
出てくるキャラクターが似ている部分はありますが、あまり合致しません。




あらすじ

耳の聞こえない少年が虐待で家を出て、途中で出会った野良犬と旅をしていると自分の能力に気付きます。
その能力というのが、人の苦しみを自分の声で癒すことができるというもの。
その後に出会う老人やハンセン病患者と一緒に、エル・ティオが住む廃鉱のポトシ鉱山を目指します。
エル・ティオは地下世界を統べる王であり、保護と破壊を司ります。
そのエル・ティオが人に悪さをしないようにできるのは、特殊な声を持つ少年だけなのでした。




エル・ティオは実際にボリビアの鉱山で祭られているそうで、悪魔のような姿をかたどったエル・ティオには酒やタバコなどが献上されるそうです。
リャマの血を鉱山の入り口に塗るなどの風習もあるそうで、MVに出てくる心臓?のようなものを老人が貰うシーンも、リャマの物なのでしょう。
元々エルティオは南米のインカ先住民の時代、「アチャチラ」と呼ばれる山の神で、恵みの神だったそうです。
スペインの来訪と共に鉱山業が発展し、事故などから立場が変化していったのでしょうか。


Yahoo知恵袋では、
  「どうして少年は最後の方で泣いていたんですか?」
という問いに
  「家出した少年が老人たちに連れられ、誰もいない鉱山に連れて行かれたために泣いていた」
と回答している人がいましたがそれは全然間違いで、地下の王を鎮めるために来た少年が共に旅をしてきた仲間との別れを惜しんでいたのです。
連れていかれたために泣いていたなら抱き合うのはおかしな話ですし、まぁそもそも少年は泣いてはいないんですけどね。
少年はエル・ティオを鎮めるために行った、これは少年の最後の映像が像の前で歌う後ろ姿という点からも信頼性は高いと思います。


Yahoo知恵袋などはネット上の情報でも特に間違いが多かったりするので、注意が必要ですね。
Wikipediaなどでも信頼性は高いとはいえ、間違ったことが乗っていたり、言語が違うと書いてあることが違ったりします。
とはいえ、文化的なものに関しては、色々な視点から見るというのは大事だと思います。
自分が思いつかないことを気付かせてくれますから。


良い曲だなーと思いつつ、これを書きながらネット上の情報について少し考えたりしたのでした。
そんなことよりPVの犬かわいい。




テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

tag : 動画 洋楽

Aqua / Cartoon Heroes

かなり有名な曲で、聞いたことがある人が多いんじゃないでしょうか。
良い曲ですし、ボーカルが良い声してます。




テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

tag : 動画 洋楽

The Noise Grinders - Stuck at home

買ったスマホに入っていた2曲のうちの1曲です。
最初はそれほどでもなかったものの嫌いというわけではなく、多少リズムが残る感じで、聞いてるうちに好きになってました。

暫くジムでよく聞いていたら、この音を聞くとジムのことが頭に浮かびます。
速いテンポではないので、走るときのリズムに合うんですよね。
正確には音に合わせているんですが・・・
大体走るときは聞いている音楽に合わせて足を動かすことが多いので、合わない曲はスキップしたりすることが多いです。
なのでこの曲を聴く頻度もジムで増えたんでしょう。

そういえば、音楽が過去のある時点での環境とかを思い出させてくれるっていうのありませんか?
私はちらほらそういう曲があったりして、そういう当時を思い出すような曲が好きだったりします。
当時好きでよく聞いていたというのもありますが、懐かしい感じになれるのが特に好きです。




テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

tag : 英語 動画 洋楽

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR