ハングオーバー

書くネタがないのでハングオーバーという映画について。
これはコメディものの比較的新しい映画で、おそらく2010年くらいのものだったと思います。


ハングオーバーとは英語で二日酔いという意味。
4人の仲間が結婚直前に集まって独身最後の夜を楽しむものの、次の日には酷い惨状で起床しみんな何があったか覚えていない。
結婚式はもうすぐ始まるという状況で夜中にはっちゃけた跡をたどっていくという感じの流れです。
それぞれのキャラがたっていて、非常に面白いので見る機会があればどうぞ。
下品な言葉とかが結構出てきますが、その辺はハングオーバーという名前と独身男が集まって騒ぐというところから御了承ください。



スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : 映画

Gattaca -ガタカ-

アメリカで1997年に製作されたSF映画です。


舞台は遺伝子工学が発達した時代の地球で、肌の色ではなく遺伝子操作された優秀な人と自然に生まれた人とで差別される世界。
主人公は自然に生まれた人間で、体も強くなく身体的に遺伝子操作されて生まれた弟に対して劣等感を抱いて育つ。
そんな彼は宇宙に強く惹かれており、宇宙飛行士になろうとするも遺伝子という絶対的な差が立ちはだかる。


中身を知らず、SFということすら忘れて見始めたので、冒頭で聖書の引用が出てきた時は宗教色の強い好きじゃないタイプの映画かな、と思ったのですが全然そんなことはないSF映画でした。
SF映画といってもスターウォーズのように宇宙でロボットとかとドンパチやるような映画ではなく、サイエンスフィクションの単語そのまま、科学におけるフィクションをテーマにしています。
何がフィクションかというと遺伝子操作が発達した世界という点で、かなり現実味のある設定になっています。
NASAが2012年に現実的なSF映画を挙げたそうですが、その1位になった映画がこのダカタだそうです。


さて、感想を言うと、非常に良い映画でした。これは是非見た方が良いと思います。
単純に現実的なSF映画という設定でしっかりしているのもそうですし、色々と危険が迫りますがどうなるか興味を引いてくれて飽きない展開でした。
頑張れば報われる的な話が嫌いな方には合わないかもしれませんが、この映画は見終わってすっきりするというか、後味悪い感じで終わらずに見終えることができますし、非常に一般受けしやすいだろうと思います。
公開当時がどうだったかは知りませんが、少なくとも見た方が良いとオススメされていただろうと思います。


あまり人には強く推すことはしないタイプですが、この映画に関しては是非お勧めしたいです。

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : 映画 洋画

タイミング

映画を見るためにツタヤで借りてきたわけですが、リストアップしたものの中で借りれなかったものがありました。
そのタイトルはアマデウスというかなり古い映画です。
まぁどの映画も中身は良く知らないのですが、どれもマイナーなものばかりなはずなのでてっきり一揃いすると思っていました。
しかし意外と貸し出し中。
正確には通常版とディレクターズカット版があり、なかったのはディレクターズカット版。
内容がさして変わらないなら通常版でいいやと裏を見たところ、未公開シーン20分がディレクターズカット版にはあるそうです。
さすがに内容が違うならばディレクターズカット版を見ないわけにはいきません。
ということでそれはまた来週返す時に借りたいと思います。


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : 映画

ナチュラルボーンキラーズ

1994年にアメリカで製作されたバイオレンス映画。


何が面白いのか良くわからず、ただのバイオレンス映画としか思えませんでした。
前半は退屈でしたし、撮影の仕方をちらほら変えているもののうざったいだけに感じました。
思い返すのはそれくらいです。
あ、主人公の丸めがねと首の太さは印象的でした。それくらい。


また見たいと思わないですし、むしろお勧めしたくない映画です。
やたらと銃で人を撃ったりするような映画が好きなのであれば良いかもしれないですね。
ちなみに、「もう一つのエンディング」も収録されていましたが、なんだかなーという感じでした。


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : 映画 洋画

Lock Stock and Two Smoking Barrels

イギリスで興行収入1位になったらしい1998年に公開されたクライムムービーです。

普段から悪さをしている4人組がお金を貯めてカードで一山当てようとするも失敗し、1週間以内に50万ポンド返すことになってしまいます。
そして複数のグループがそれぞれの思惑で動くものの、面白いように繋がっていきます。
大まかには何となく先が読めてしまうものの、どう繋がっていくのかが見ていて楽しみでした。
1位になっただけあって面白かったので機会があれば是非ごらんください。


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : 動画

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR