FC2ブログ

耳をすませばと海が聞こえる

昨日は定時退社日だったので、英語の勉強がてらジブリ映画を英語で見ようと思って再生したのが「耳をすませば」と「海が聞こえる」。
そもそも私の持っているDVDにはどちらのタイトルも英語音声が入っていなかったので、単純に映画を見るだけになりました。

それにしてもこういう系の映画はよろしくないですね。
映画としては申し分なく良いのですが、見終わった後に残る精神的ダメージが実に酷い。
寝ておきて会社行って帰ってきて、1日経った今も心にぽっかり穴があいているというか、無気力というか、虚しいというか、今まで何をしてきたんだろうというか、なんともいえない感じです。
最近の精神状態がよろしくなかったのでそれも拍車をかけているように思います。

こういった中高校生あたりの世代を舞台に、何かに打ち込んだり恋をしたりといった映画は精神的に追いやられます。
時をかける少女のアニメを見た時もこんな感じでした。
自分が全力で何もしてこず、後悔しているポイントだからこそそういった感じになるんだと思います。
また、何かに打ち込むとかそういうことだけでなく、周りとのコミュニケーションを疎かにしてきたというところも大きなポイントだろうと思います。
おそらく、さして全力で何かに取り組まなくとも、周りとの関係が充実していればこうはならなかっただろうという気がします。
人と関わるのが苦手なので、今も連絡を取るような友人は殆どおらず、時を共にして楽しめる相手がいるということに憧れる状態だからこそ、ダメージが大きいんだろうと。


書く気力もなくなってきたのでこの辺で。


スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : 日記 映画

久々に

しばらく書いてなかったなーと思ったらもう1ヶ月近く経ってました。
いろいろ忙しいのでこれからも頻度少なそうです。

もうだいぶ寒くなってきて、においのほうもかなり悪化しています。
寒さに比例して自律神経もいかれるのか、臭いが酷いです。
あと居室もあったかくなってきて臭いが拡散しやすくなっていることも考えられます。
時期的にマスクをしている人も増えてきて、風邪予防を理由に臭い対策メインで付けている人が大半なんだろうとか毎日脳裏をよぎってます。

体質何とかしたいという思いが強くなってきている今日このごろでした。


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR